2009年11月27日金曜日

2009国際ロボット展

 

招待状を入手したので行きました。不況の影響で出展企業が少ないようなTV報道がありましたが、なんのその大盛況です。担当教授は昨日の便で帰り不在でしたが、北九州学術研究都市のブースも見学しました。
近くの会場でパテントソルーションフェアが開催されていたので、ついでに立ち寄りました。知り合いの弁理士による発明相談も行われていました。
夜は、ドイツの弁理士による「欧州特許条約の規則改正」に関するセミナーです。来年10月に継続するすべての出願について適用になり、発明の単一性を欠くと判断された場合の対応として行われる分割の時期が大幅に制限されます。すべての欧州特許出願について見直し、必要ならば来年の10月1日までに分割出願すべきであるとの提案でした。

NEW EPO Rules effective 2010
Division restriction also effective for pending applications
New term management necessary
Necessary to check all pending applications
Deadline 1st October 2010 (unclear but confirmed with EPO)

2009年11月16日月曜日

ハワイ オアウ島(5)


ハワイ諸島の中でオアウ島に最も多くの人が住んでいるのは住みやすいからだとききます。太平洋に囲まれた小さな島なのに水が豊富で地下水が綺麗なのには驚かされます。私が嫌いなヘビがいないのもいいことです。
短い滞在でしたが楽しい時を過ごすことができました。

2009年11月15日日曜日

ハワイ オアウ島(4) North Shore

 
ノースショア(the North Shore area )へ行きました。国道に立っているHale'iwaの看板です。運転手さんが写真を撮るためにわざわざ車を止めてくれましたので、有名な看板なのでしょう。

この鳥は、チョウショウバト 英名:ZEBRA DOVEではないかと思います。ゼブラであれば縞があるはずですが、ないので不安です。


帰ってホテルから最後のサンセットを見ました。

2009年11月14日土曜日

ハワイ オアウ島(3)

ガイドのジェームズ森(James MORI)さんによるとカメハメハ王朝は7代続き、最後の王の「ハワイの子供を育てるのに財産を使ってもらいたい。」という遺言により、カメハメハ高校が作られました。ハワイアンの血族でなければ入学できないので、オバマ大統領は別の高校へ行っています。
ポリネシア文化センターへ行く途中、宝石を売っている所(The Coral Kingdom)へ寄って休憩しました。魔除けの効果があるといわれる黒珊瑚(Black Coral)のブレスレット、緑色に輝き綺麗なペリドット(Peridot)のペンダントを買いました。


ポリネシア文化センターでは、現地の大学に留学している日本人学生に案内をしてもらいました。園内では、“ノニ(noni)”の実を見ることができました。

2009年11月13日金曜日

ハワイ オアウ島(2)

   
ハナウマ湾でスノーケリングの後、ワイキキビーチで夕日を見ようとしましたが曇っていて日の入りの太陽は見えませんでした。

ディーク・カハナモクの像の前で)

2009年11月12日木曜日

ハワイ オアウ島(1)

 
名古屋(常滑)のセントレア国際空港から約7時間で到着です。
シェラトン・ワイキキ・ホテルとホテルから見えるダイヤモンドヘッドです。雨期に入っているのでどんより雲がかかっています。

2009年11月10日火曜日

赤坂の坂(4) 三分坂

”さんぷんざか”という。標識には、「急坂のため通る車賃を銀3分(さんぷん:百円あまり)増したためという。坂下の渡し賃一分に対していったとの説もある。さんぶでは四分の三両になるので誤り。」とある。「坂下の渡し」 とは、坂下に渡し船があったということなので、江戸時代には坂下まで海が入り込んでいたのであろう。
写真の坂の左の標識は、報土寺入口前の築地塀の標識であり、その奥は雷電為右衛門の墓の標識である。

2009年11月9日月曜日

基生会-秋に集まる-

梅の花 上野広小路店で豆腐料理を頂いた。7人が個室でゆっくりと十分話すことができた。ビールはブラウマイスター、値段はリーゾナブル。
今回は、浜松町に本社を構える会社の社長が初参加した。私は、半年前大阪で大学卒業後初めて合って以来であるが、他の5人は、アラ40年ぶりの再開である。誰かが「彼は面白い」といっていたが、社長になる資質は学生時代からあった。(経験と知識は増えているだろうが、話し方は学生時代と同じである。)